雑談配信のネタ探しに困ったら!配信で使える面白トピックと知識を大公開

「雑談配信のネタ探しに困った‥」

そのような方に向けて、音声配信アプリ”サークリー”を運営する弊社が「ライブ配信・雑談配信のネタ一覧」を紹介していきます。

若者に大人気の音声SNSアプリ

サークリーは声で繋がるSNSアプリ
顔出しなしだから、誰でも簡単にライブ配信を楽しめる

ライブ配信・雑談配信のネタ一覧

ライブ配信・雑談配信のネタ一覧

ライブ配信や雑談配信では、ネタをいくつか用意しておくのをおすすめします。

ライブ配信や雑談配信で、何を話そうか迷うことはありませんか。

ネタ切れになって焦ってしまうと、ネガティブな気持ちが視聴者に伝わってしまい、きまずい雰囲気になる可能性があります。

そのため、事前にネタをいくつか用意しておくと安心です。

また、一方的に盛り上げようとせずに、視聴者からもトークしてもらう参加型配信にするのもおすすめです。

今日の話

今日の話は、ライブ配信や雑談配信が盛り上がるコツの1つです。

無難なネタですが、比較的誰にでも受け入れやすい話のため、視聴者との会話が弾みます。

今日の話は、配信の最初に話すのをおすすめします。事前にネタをいくつか用意しておきましょう。

おすすめのネタは次の通りです。

  • 今日の出来事
  • 今日食べたもの
  • 今日学校・職場でのハプニング
  • 今日の天気
  • 今日は何の日

最近の話

最近の話は、あなたの趣味や好みを視聴者に知ってもらう良いネタです。

視聴者に親近感を持ってもらえるため、配信が盛り上がります。視聴者同士でも話が弾み、さらに楽しめますよ。

おすすめのネタは次の通りです。

  • 最近買ったもの
  • 最近ハマっている芸能人やアイドル、YouTuber
  • 最近観た映画やドラマ、アニメの話
  • 最近読んだ小説や漫画の話
  • 最近お気に入りの音楽の話
  • 最近の自分の趣味
  • 最近出かけたところ
  • 最近食べたおすすめの料理

ゲーム関連

好みのゲームがあれば、配信中に話すと盛り上がります。

あなたが知らない攻略法や、他のおすすめのゲームを視聴者が教えてくれる場合があります。

配信中、一緒にオンラインゲームをしても楽しめますよ。

オンラインゲームの配信は、著作権を侵害する可能性があります。問題ないか、事前に確認しましょう。

おすすめのネタは次の通りです。

  • 最近、流行っているゲーム
  • おすすめのゲーム
  • ゲームの攻略法
  • (著作権上問題なければ)オンラインゲーム

歌唱・演奏関連

歌唱や演奏は、配信で盛り上がるネタの1つです。

音楽の好みが合う人同士で話せると、盛り上がりますね。

配信中に音楽を流す場合も、著作権を侵害する可能性があります。配信前にJASRACのサイトで確認しましょう。

おすすめのネタは次の通りです。

  • カラオケ配信
  • ライブ情報
  • おすすめのミュージシャン紹介
  • (著作権上問題なければ)おすすめの音楽

企画やイベントネタ関連

企画やイベントのネタも、配信で盛り上がります。

企画系ネタがあれば、配信の途中や最後に伝えるのをおすすめします。

どのようなイベントを企画しようか迷っている場合は、視聴者に質問して意見をもらうと参考になりますよ。

おすすめのネタは次の通りです。

  • 今後のライブ配信&雑談配信予定
  • 質問コーナー
  • 視聴者が参加したいイベント(案をもらう)
  • クイズ(特典つき)

若者に大人気の音声SNSアプリ

サークリーは声で繋がるSNSアプリ
顔出しなしだから、誰でも簡単にライブ配信を楽しめる

ライブ配信・雑談配信を盛り上げるコツ

ライブ配信・雑談配信を盛り上げるコツ

ライブ配信や雑談配信は、配信者と視聴者どちらも満足できるものにしたいですね。

盛り上がるコツは、次の通りです。

  • コミュニケーションを取る
  • 自分のキャラクターを作る
  • 配信テーマの方向性を決めておく
  • ニュースやSNSの最新トレンドを把握しておく

自分の配信テーマをおおまかに決めておくと、好みの合う視聴者が多く集まり、配信が盛り上がります。

視聴者のペルソナを設定しておくと、内容がぶれずに進めやすくなりますよ。

ニュースやSNSの最新トレンドを把握しておいて、合間に話すのもおすすめです。

ここからは、ライブ配信や雑談配信を盛り上げるコツについて解説します。

コミュニケーションを取る

配信中は一方的に話すのではなく、視聴者とコミュニケーションを取る参加型にするのが大切です。

コミュニケーションは、配信者と視聴者が会話して、初めて成り立つものです。

自分1人で頑張ろうと思わず、視聴者の力も借りて盛り上げるように心がけましょう。

視聴者に質問したり、相手のコメントに対してしっかりリアクションすると、配信が盛り上がりますよ。

質問は「はい」「いいえ」で答えられるものではなく、会話が続いていくような聞き方にしましょう。話が次々に膨らみます。

自分のキャラクターを作る

自分のキャラクターを作ることで、あなたに合う視聴者が配信を聴いてくれます。

似たキャラクターの視聴者が集まれば、配信がさらに楽しくなります。

視聴者どうしでも仲良くなり、配信の満足度が上がるため、おすすめです。

配信テーマの方向性を決めておく

配信テーマの方向性を事前に決めておくと、本番で進めやすくなるためおすすめです。

途中から参加した視聴者にも分かるよう、配信中にテーマを何度か伝えましょう。

配信の最後に次回のテーマを発表すると、視聴者が参加しやすくなります。

ニュースやSNSの最新トレンドを把握しておく

ニュースやSNSの最新トレンドを配信前に把握しておきましょう。

視聴者も良く知っている話のため、配信が盛り上がります。視聴者から多くのコメントがもらえる可能性もありますよ。

若者に大人気の音声SNSアプリ

サークリーは声で繋がるSNSアプリ
顔出しなしだから、誰でも簡単にライブ配信を楽しめる

ライブ配信・雑談配信でのネタ探しのコツ

ライブ配信・雑談配信でのネタ探しのコツ

ライブ配信や雑談配信でのネタ探しは、あまり難しく考える必要はありません。

普段の生活で起きたことやニュース、SNSなどから探しましょう。

ネタ切れにならないように、いくつか事前に用意しておくと良いですね。

そのうえで、視聴者と楽しく話せるように進めるのが盛り上がるコツです。

ターゲット視聴者の興味に合わせたネタの選択

視聴者の興味に合わせたネタを配信すると、参加者が増えて盛り上がります。

どのようなネタが良いのか迷う場合は、視聴者から意見をもらうようにしましょう。

視聴者の感想やコメントが欲しいことを配信後に発表すると、効果がありますよ。

トレンドや人気コンテンツの調査と活用

トレンドや人気コンテンツはSNSで検索可能です。

検索数の多いものや、急上昇ワードから調査しましょう。

一般的に、みんなが知っている内容をトークテーマにすると、視聴者が受け入れやすいと言えます。

フィードバックやデータの分析を通じた改善と適応

配信終了後、視聴者数やリアクション数を把握・分析して、次回の配信に活かしましょう。

視聴者が定着するまでは複数の時間帯で配信し、どの時間帯が合っているか検討するのもおすすめです。

また、配信後に届いたコメントやアンケートを確認し、視聴者の意見を活用しましょう。

視聴者はどのような内容に興味があるのかを確認した上で、次の配信テーマを決めると、あなたのファンがさらに増えますよ。

若者に大人気の音声SNSアプリ

サークリーは声で繋がるSNSアプリ
顔出しなしだから、誰でも簡単にライブ配信を楽しめる

ライブ配信・雑談配信での注意点

ライブ配信・雑談配信での注意点

ライブ配信や雑談配信は不特定多数の方が聴いているため、相手が不快な思いをしないか、言葉に配慮しましょう。

また「著作権」「プライバシーの保護」「コミュニティガイドラインの遵守」は特に注意が必要です。

思わぬところでトラブルにならないよう、注意事項を事前に把握しましょう。

ここからはライブ配信や雑談配信での注意点について解説します。

著作権

音楽やゲームを配信で流す場合、著作権に気をつけましょう。

内容や企業によって対応が異なるため、判断に迷うことが多いと言われています。事前に確認するのをおすすめします。

音楽はJASRACの公式サイト、ゲームはそれぞれの企業に確認しましょう。

テレビ画面の配信は、著作権侵害のためNGです。訴えられる場合があるため、気をつけましょう。

プライバシーの保護

配信中に個人情報を公開しないよう、注意が必要です。

最悪の場合、自宅や学校、職場へのいたずら電話や、ストーカー被害に発展する場合があります。

また、ライブ配信中に映る背景や「自宅の近くに〇〇がある」という情報で、住所が特定されてしまう可能性もあります。気をつけましょう。

コミュニティガイドラインの遵守

ライブ配信や雑談配信のコンテンツについて、コミュニティガイドラインを遵守する必要があります。

配信する前に内容をよく確認しましょう。

コミュニティガイドラインに違反した場合、警告やアカウント削除の可能性があります。

まとめ

ここまでで「雑談配信のネタ探しに困ったら!配信で使える面白トピックと知識を大公開」の解説は以上です。

若者に大人気の音声SNSアプリ

サークリーは声で繋がるSNSアプリ
顔出しなしだから、誰でも簡単にライブ配信を楽しめる